ガンプラと作曲とサブカル?


by zeonic1

カテゴリ:1/35 カーロアルマート( 4 )

何か、色んな横槍が入りましたが何とか完成ですw

ウイルス性と思われる腸炎で会社を休み、家族も避難してますので不謹慎ながらフィギュアの塗装を。

自分的にはリフレッシュのつもりなんですが、カラダの方は休みたがってるかも?
「俺はイイけど、YAZAWAは何て言うかな?」
の弱っちい版です( ;´Д`)

e0256925_13313948.jpg

e0256925_1331404.jpg

e0256925_13314162.jpg

e0256925_13314257.jpg

e0256925_13314273.jpg

e0256925_13314324.jpg

e0256925_13314469.jpg

e0256925_13314582.jpg


ウェザリングマスターで汚した部分は後から拭き取るなどして下地をのぞかせたり、B4鉛筆でエッジをこすったりしています。

このリニューアルシリーズはイイですね。連結式履帯をはじめ追加パーツが効果的です。

最近、AFV系の充実した模型店を見つけたのでコッチ方面も頑張りたいと思いますw

投稿サイト↓
http://re-sense.net/album/403

http://www.modelers-g.jp/modules/myalbum/photo.php?lid=14240&cid=34
[PR]
by zeonic1 | 2013-01-24 13:13 | 1/35 カーロアルマート
前回の迷彩の上からクリアーオレンジをクリアーで薄めたモノを吹き付けました。

彩度が上がって良い感じに。

ついでにクリアーブルーも薄めてグリーンの迷彩部分にチョイ足し。

e0256925_1330532.jpg

e0256925_13305867.jpg

コレはGEKI店長さんの技法です。
実践しようと思ってた矢先にコメント頂いてビックリw


続いてデカールです。
e0256925_1331333.jpg

e0256925_1331894.jpg


カンガルーのマーキングはこの戦車がオーストラリア軍に鹵獲された際のモノだそうで。

本来はイタリア軍のマーキングと共存する事はないんですが。

まあ細かい事は気にせず全部貼っちゃいなよ!!って事でw

ガルパン流に言えば「カンガルーさんチーム」ですよ。

乗ってるのはおっさんですがw

ヤカンが写ってるのはお湯を含ませたティッシュで押さえてデコボコ面にデカールを密着させる作業をやったから。 マークソフターと合わせ技でやってます。

小さいお子様は大人とやりましょう。
大きなお友達は家族に白い目で見られないように隠れてやりましょう(´Д` )

デカール保護も兼ねてここでつや消しを吹きます。




ここからはリキテックスやファレホで細部塗装。

そしてコピックで墨入れというかウォッシングというか、いつものヤツをw

ブラウンで縁取り。
e0256925_13311269.jpg


ブレンダーでボカし、拭き取り。
e0256925_1331174.jpg


つや消しの表面に染料系で行うこのウェザリングは下地に馴染みやすく適度なツヤが残り表情が豊かになります。

コレが本当にリアルかと言うと違うんでしょうが…MAX塗りに近いモノがあって「リアル感」は出ます(。-_-。)

MAX渡辺さんも戦車に使うとイイよっって言ってますw

それを見た横山宏さんも一時期マシーネンに使う様になりました。


次はタミヤウェザリングマスターで足回りを中心に汚しを入れます。

マッド サンド ライトサンドの順に塗りつけます。
紙皿にまずマッドの粉を出して水で溶き、筆で塗りつけます。
アクリル溶剤が良いらしいですが持ってませんw

乾かないウチにサンド、ライトサンドを粉の状態で今度は付属のブラシでまぶします。

すると奥には湿った泥、手前に行くに従ってかわいて土から砂に変わって行くような変化がつきます。

結構豪快にやっても大丈夫。

ただ、上からトップコートかけちゃうと粉感が半減します。

逆にやり過ぎたときのリセット法となる気もしますw
e0256925_13312294.jpg


上手い人の作例をみてるとここから更に踏み込んで、出っ張った部分の土汚れは落とし、地金が見えるようにして奥まった部分に汚れが溜まり、その中で乾き具合の階層が出来ている、という表現がなされていました。

ナルホド、泥の道を車で走り、その後乾いた道を走った場合、タイヤの接地面は綺麗になって、サイドやホイールの窪みに土が残ります。

模型的には出っ張りを鉛筆でこすると良い様です。
e0256925_13312745.jpg


車体全体にもライトサンドをまぶしてホコリっぽく。

で、全景。
e0256925_13313237.jpg

e0256925_13313683.jpg

e0256925_13314015.jpg

e0256925_13543675.jpg




前述の鉛筆作業をもう少しやって、次はフィギュアを塗って完成です。
[PR]
by zeonic1 | 2013-01-19 12:30 | 1/35 カーロアルマート
今日は良い子で寝てくれたので戦車塗ります
( ´ ▽ ` )ノ

ハルレッドでシャドウ。
e0256925_65948.jpg




履帯はジャーマングレーとタイヤブラック。
e0256925_651525.jpg



ダークイエロー、RLMグレーと濃緑色のミックスで迷彩。
e0256925_652082.jpg



久々の迷彩塗装。

イメージどおり!!
とは中々行きませんが…

e0256925_6252128.jpg

e0256925_6252591.jpg



デカール貼って汚してみたいと思います。
[PR]
by zeonic1 | 2013-01-18 06:08 | 1/35 カーロアルマート
e0256925_10473156.jpg



嫁実家モデリングです。

早起きした休日に行いますw

平日はどうにも無理ですね〜
( ´Д`)y━・~~

イタレリのキットのタミヤパッケージであった旧作に新規パーツ満載で再販されたリニューアル版です。


足回りから組んで行きます
e0256925_1047622.jpg

e0256925_1047894.jpg


転輪はサスのパーツに隠れてしまう部分があるのでゴム部分は先に塗りたい所。
しかし塗装グッズは持って来てない…

見つけた!!
e0256925_10471194.jpg

マッキー!!

e0256925_10471468.jpg

グリグリ塗っちゃいますw
切り出した後、ゲート部分はまたマッキーでリタッチ。

どうせ汚すから「黒かった」事だけわかれば良しw


履帯は一体整形も含めた連結式。
このキットの一番のセールスポイントですね。
e0256925_10471629.jpg

上面のたるみ部分も最初から一体整形されているのがイイですね。

e0256925_10472073.jpg

片側を組んで微妙に隙間ができるので、アイドラーホイールの軸を後ろ半分カットしてホイールベースをチョットだけ詰めて調整。

反対側も同じ加工をしたら逆に余っちゃったので個体差がある様ですw
e0256925_10472474.jpg


接着後オモリを載せて乾燥待ち。
e0256925_1047286.jpg


サスペンション基部をセロテープで仮止めにしておいたので乾燥すると足回りだけ取り外して塗装が出来ます。

ロコ組みとかいうらしいです?
e0256925_12201761.jpg



今日はここまで。
[PR]
by zeonic1 | 2013-01-12 10:37 | 1/35 カーロアルマート