ガンプラと作曲とサブカル?


by zeonic1

<   2014年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧

以前にTwitter上の遊びで#ミリちっくという可変MSをミリタリー仕上げってのをやりました。(Zプラスを投稿)

で、せっかくシタデルカラー導入したんで筆塗り迷彩したくなりましておかわり投稿しました。
e0256925_13102268.jpg

e0256925_13102339.jpg

e0256925_13102447.jpg

e0256925_13102585.jpg

e0256925_13102549.jpg

e0256925_13102693.jpg

e0256925_13102746.jpg


随伴しているのは同じくTwitterで#ザク夫というタグで遊ぶ用に製作していたジム太郎とジム次郎ですw
タミヤの自衛隊イラク派兵セットを小改造で色をジム風味にしたものです。

今回はこの二つのタグが親和性高いなあと感じたのでミックスしてみました。

フィギュアの下地以外はオール筆塗りですよ〜

投稿サイトhttp://www.modelers-g.jp/modules/myalbum/photo.php?lid=21308&cid=21
[PR]
by zeonic1 | 2014-07-29 13:01 | フラット&ジム太郎 | Comments(2)
思い付きを2日ぐらいで形にしたらTwitterでえらい反響がw

コッチにもあげときます。
e0256925_9345210.jpg

e0256925_9345335.jpg

e0256925_9345443.jpg

e0256925_9345513.jpg

e0256925_9345674.jpg




製作中はこちら

e0256925_9345775.jpg

e0256925_9345812.jpg

e0256925_9345988.jpg

e0256925_935177.jpg

e0256925_935272.jpg

e0256925_93532.jpg

e0256925_935428.jpg

e0256925_93553.jpg



一体、あの村で何が!?

多分、馬鹿がひとり居ただけですw
[PR]
by zeonic1 | 2014-07-22 09:29 | アリイ1/32 | Comments(4)
姫路駅の近くにある「おもちゃのつちだ」というお店にシタデルカラーが入荷したと聞き行ってみました。

シタデルカラーとは水性の模型塗料でなかなかの評判らしいのですが一瓶520円と少々お高くナカナカお試し…に踏ん切れずにいました。

e0256925_720088.jpg



「ベースカラー」の白と焦げ茶っぽいのを買いました。(正式名が長いのよw)

早速塗ります。
筆塗りが基本で水で薄めますが、焦げ茶はトロっとした水飴状でそのまま塗れそう。
白は実は凝固しかけのゲル状…

e0256925_720468.jpg



すわ、不良品かと思いきや。

ゲルを取り出して水を加えると驚くほど良く伸びます。使用には問題なし。
アクリル系は乾燥、変質してしまうと溶剤を使っても滑らかさが戻らないケースがありますがそこまでの状態ではなさそう。
でも可能なら買う前に確認を。
振ってみて中で個体が動いてる感じがしたら凝固の可能性ありw







e0256925_720374.jpg


肩を塗ってみました。焦げ茶は2回。白は4回重ねましたが乾燥が速いので快適です。噂に違わず隠蔽力は良好です。

水で溶いた白は若干返し筆の際に下地がズレましたが、薄め過ぎたのだと思います。





続いてアルコールとの相性チェック。
エアブラシで使用する際に水での希釈だと弾きやすく、同じ水性塗料のアクリジョンやファレホは燃料アルコールで溶くと上手くいく場合があります。
シタデルではどうでしょう?



e0256925_720190.jpg

e0256925_720297.jpg


結論から言うと相性悪いです。
白のゲルはあっという間にダマダマに。焦げ茶は溶けるけど粉状に。多分、ノズル詰まります。
これは他の塗料でも色によっては起きていた現象で、顔料の特性によるものと思われますがとりあえずアルコール希釈はNGですね。水性のエアブラシ塗装は実はタミヤアクリルをアルコール希釈が最も使いやすくニオイが少ないのですが、塗膜が弱くてプラに直接吹いたら全てのエッジが剥げたという経験があります。
なもんで、今のところエアブラシはエナメルをライターオイル希釈がベスト。(ラッカーはニオイでNG)

続いてコピックとの相性。
ファレホやリキテックスはアルコール耐性が弱いのでコピックの上塗りやボカシで剥げちゃうんですが。
e0256925_7195849.jpg

問題なし。
ブレンダーでこするぐらいなら剥げません。

ちなみに綿棒にたっぷりアルコールを付けて拭くと流石に剥がれますw
e0256925_7195925.jpg


加減をわきまえればコピックは問題なし。これは収穫ですね!!

e0256925_72064.jpg

e0256925_720856.jpg

e0256925_720979.jpg

水で溶いて墨入れ、ウォッシングしました。

下塗りの部分には非常によく馴染みます!!水溶きでこんなに綺麗に流れるのも珍しい。

ただ、プラに直接はやっぱ弾いてます。

ただ、適正に拭き取ると溝にはしっかり残ります。

アルコールに強く水に馴染む特性。
コレが乾燥後にも残る。
水の表面張力をアレする分子構造のナニがあるのかも?(文系なのでコレ以上はw)

総括。

下地塗料としては優秀です。
使い方次第で墨入れにも有効。
シタデルシェイドというそれ専用っぽいのも売られてます。
そっちならプラ直接でもOKなのかな?

エナメルは筆塗りもエアブラシも全然いけるので値段と汎用性では及びませんが、重ね塗りに強い特性は筆塗り迷彩などには非常に有効かと。
(実際、シタデルで超絶筆塗り迷彩するモデラーさんがいらっしゃいます。)

買い足すとすればシェイドのブラック系とブラウン系、あとはグリーン、サンドイエロー系ですかね?やっぱ迷彩やりたいです。

後は白と黒のスプレーがあったんですが2500円ぐらいするんで…

絶対便利だとは思うんですがニオイするならいらないかな〜?

いずれにしてもお値段がねw
アルコール耐性が必ずしも必須で無い部分は手持ちの塗料で行きます。
[PR]
by zeonic1 | 2014-07-21 06:52 | プラモ | Comments(0)
汚しはアクリル絵の具リキテックスに同じくアクリル系のセラムコート用のリターダーを混ぜて行いました。

これらとアクリルガッシュやファレホは良く似た特性です。水で溶く分には重ねても下地は溶けません。

今回はアクリジョンのクリアーが吹いいてあるので尚安心。

台所のすみっこ洗いに使うスポンジで銀→黒の順にポンポンしていきます。
e0256925_142668.jpg

e0256925_1426854.jpg

e0256925_1426913.jpg

e0256925_14261122.jpg


やり過ぎたら綿棒に水やアルコールを付けて拭き取り。

宇宙空間なんでサビは辞めときましたがまあこんだけ剥げる事も無いのかもw

使い捨てアーマーですからね…


とにかく完成〜
e0256925_14261299.jpg

e0256925_14261435.jpg

e0256925_14261668.jpg

e0256925_14261745.jpg

e0256925_14261956.jpg


酒餅公開はまだ先ですが。


投稿サイト
http://www.modelers-g.jp/modules/myalbum/photo.php?lid=21161&cid=40
[PR]
by zeonic1 | 2014-07-19 14:06 | アーマードバルキリー | Comments(4)

なんか面白くて

バルキリーがメド立ってきたもんで浮気心がw

e0256925_6212843.jpg

e0256925_6212956.jpg

ミリタリーフィギュアをMSっぽく遊ぶ、#ザク夫 というTwitterの企画に乗っかって製作中の「ジム太郎とジム次郎」


e0256925_6213045.jpg

e0256925_6213114.jpg

e0256925_6213285.jpg

e0256925_6213365.jpg

e0256925_6213454.jpg

シュツルムガルス+ヴァリュアブルポッドの「ガルス・フェンサー」


うん、楽しいけどそろそろ部屋片付けないとね。

今の家を建て替える計画も動き出したので「モデラーのお引越し」というミッション・インポッシブルが発動必至です(´Д` )
[PR]
by zeonic1 | 2014-07-14 12:35 | Comments(4)

1/144ドラグナー詳細板

前回は勢いでやっちゃったのでちょっと詳し目に書いておきます。

ドラグナー、当時としては画期的なフレーム機構を再現したキットです。

現在のスタンダードに近づけるにはなんと言っても立ちポーズの修正が必須。
e0256925_106251.jpg


私は旧キット改造の時、素組はせずに箱や説明書の完成写真を眺めて改修点を探り、イキナリ改造する場合があります。時間の短縮、モチベ維持の効果が多少あるかと。稀に組んだら写真より良かったなんて事もありますが。
見てるとD2なんかは素組でも結構カッコいいですねえ〜w

ともかくD1、D2ともに下半身の関節に改修が必要。D1については顔の小型化も必要と判断しました。

優先順位の第一は股関節のハの字加工でしょうか。
キットのままでも角度が付いていますがチャッカマンで炙ってさらに角度をキツく。
e0256925_106966.jpg

多分、これやるだけでも相当良くなります。問題は両キットとも、足を開くと腰アーマーが邪魔になる事。
e0256925_10455080.jpg



D1は思い切って干渉部を切り飛ばし。D2はエッチングソーで一旦切り離し、モモ側にスポンジ両面で借り止めしてます。
e0256925_1061526.jpg

e0256925_1061885.jpg



ちなみに、使ってるのはハセガワのセットの三日月型。10年ぐらい前に買ったのかな?他のは失くしちゃいました(´Д` )
e0256925_1061219.jpg

e0256925_1061319.jpg
入り組んだ部分にも使い易く丈夫さとある程度の薄さもあります。




次は足首の改造です。

e0256925_106459.jpg



説明書によるとフレームから水平に出た軸で横スイング、足首のポリキャップ受け部で縦スイングの2軸構造。
かなり頑張ってる方ですが、このままでは足首を単独で外向きに出来ません。

膝の差し込みを浅くして膝下ごと横ロールさせる事も出来ますが、ドラグナーはモモ前面とヒザのデザインが繋がっているので却下。MSにはいいかもですが、今回は足首に一軸足します。

使用したのはコイツに入ってるジョイントパーツ。このキット1個持ってると何かと便利ですw
e0256925_106570.jpg



e0256925_106765.jpg


ジョイントパーツを元々の軸にかまして足首のポリキャップは90度上向きに。これによってフレームの横スイングと足首の縦スイングが分離され、ポリキャップは新たに横ロールの機能が追加され、ポージングの自由度が上がります。加えて関節一個分の足長効果も。キットのままだと埋まりすぎに見えましたので一石二鳥。
注意するのは旧キットの関節軸。
今ほど精度が高く無いので削ったり瞬着で太らせたりの微調整が必要な場合があります。

ただ、ちょっと隙間が目立つので気になる人はお好みでディテールを足してもいいでしょう。
e0256925_10455143.jpg

e0256925_10455246.jpg


私はコトブキヤのシリンダーとスプリングを仮止めしてます。D2の方が自重があるのでシリンダーもスプリングも太いのを使ったりw自己満足ですね。あとでもうちょっと馴染む様に手を加えます。
e0256925_10455341.jpg




最後はD1の小顔化。
e0256925_106193.jpg

マスクを切り離して目の下を切り詰めて再接着。
バイザーも取り付け位置を下げます。

なんですが。

実際作業するにあたってマスクの両脇にエッチングソーで縦に切り込みを入れる、までは誰でもできます。
しかし、目の下に横方向に切ろうとするとどうしても他の部分にノコが当たってしまいがち。
そんな時は思い切ってニッパーで横方向に切っちゃいます。
この方が切断範囲を限定しやすいです。

どうせ切り詰めて成形するのでこの部分の断面はキレイである必要がないのですが切れ味がいいに越した事はないかな。

ただし切断面がキレイだからってアルティメットニッパー使うと多分折れま〜すw


あとは合わせ目なんかは出来るだけ段落ちモールドとして処理できるように考えます。D2のバックパックとかヤスるのイヤなんでw
合わせ目じゃなく筋堀りに見えるように接合ラインの片側をナイフで斜めにカンナがけするアレです。

外装に大きく手を加えるとどうしても表面処理に時間を取られますので関節を中心にいじって新しい合わせ目を作らない様に心がけています。
要点抑えて楽チンに。
酒餅5終わったら仕上げます。

e0256925_1062136.jpg

e0256925_1062356.jpg

[PR]
by zeonic1 | 2014-07-10 07:19 | ドラグナー | Comments(4)
スミイレとデカールです。
e0256925_1151331.jpg
スミはタミヤアクリルの黒で。
あえてキツ目に。
ガンメタ下地に白吹いたトコまではマスキング無しだったんで境界部分は多少塗り残しやハミ出しがあったのでそういうのも墨入れで潰します。

e0256925_1151514.jpg

続いて付属のデカール。
ツヤ面にしてるので貼りやすいです。


e0256925_115169.jpg

e0256925_1151871.jpg

e0256925_1152022.jpg


手持ちのデカールも追加。
情報が増えてくるといい感じです。



e0256925_1152374.jpg

e0256925_1152591.jpg

e0256925_1152959.jpg


それと今回は腕のミサイルに発射エフェクトを作ります。
マジックスカルプでケムケム。

真鍮線で差し替え式にしてます。
[PR]
by zeonic1 | 2014-07-06 15:53 | アーマードバルキリー | Comments(6)
塗ってます。
e0256925_13193450.jpg

e0256925_13193570.jpg


リキテックスを燃料用アルコールで溶いて筆塗りです。

アタマのラインもマスキングテープ使って筆で塗り分けました。

意外と綺麗に塗れたんでこれはMSにも応用したいですね。

やっぱ色彩が入るとテンション上がってきますなあ!!

このあと、アクリジョンのつやありクリアー吹きました。

一旦ツヤ面にするとスミ入れがクッキリ残り、デカールも貼りやすいよ、とTwitterのフォロワーさんから教えていただいたので実践。

しかし、ツヤが出るとムラが目立ちますねw

またつや消しは吹くし、汚しでだいぶゴマけると信じて!!

信じることから全てが始まるのです!!
[PR]
by zeonic1 | 2014-07-04 13:08 | アーマードバルキリー | Comments(2)